大企業向けと中小企業の法人カードは何がちがうの?

コーポレートカード

法人クレジットカードの中にはいくつか種類があるのですが、その中の1つがコーポレートカードと呼ばれている種類の法人クレジットカードです。

このコーポレートカードは、法人の中でも、大企業向けに作られたクレジットカードで、経費として使った場合には、簡単に何に使用したか、誰が使用したかといった事がわかりやすくなっていますし、各カード会社ごとに明細書が発行されますので、経理の手間が大幅に省けるのです。

また、一般的に法人クレジットカードと言われている物は、こちらのコーポレートカードの方を指す事が多くなっています。

 

ビジネスード

法人クレジットカードには、大企業向けに作られたコーポレートカード以外にも、中小企業や個人事業主用に作られたビジネスカードというものがありますが、このビジネスカードは、一般ランクのカードと、ゴールドランクのカードに分かれているのです。

審査もコーポレートカードに比べると、若干甘くなっている所もあり、一般のグレードであれば、取得するのは比較的簡単ですが、ゴールドのグレードの場合には、中規模企業を経営していて、ある程度の実績と年数が無いと厳しくなっています。

また、ビジネスカードは、コーポレートカードに比べて年会費も安くなっている事が多いのです。

 

福利厚生カード

ビジネスカードには、通常の中小企業や個人事業主に向けて作られた物以外にも、生協などの組合員向けに作られた福利厚生カードという名前のカードがあります。
この福利厚生カードの特徴として挙げられる事は、カードの利用限度額が通常のビジネスカードよりも低く設定されている事や、カードを使用している会員の家族も使用できるシステムになっている事が特徴と言えるでしょう。

また、クレジット会社にもよりますが、サービスや特典も、通常のビジネスカードよりも多くなっている場合が多数あります。
特に多い特典は、スポーツクラブやホテルなどの利用割引が付く事で、色々な施設の利用料が割り引かれるカード会社も多くあります。

 

PageTop