個人カードとは何が違うの?

 

基本的な使い方


法人で使うクレジットカードと、個人で使うクレジットカードの基本的な使い方には、特に違いはありません。
使い方の違いと言えるのは、法人はあくまでビジネス用のクレジットカードですので、大人数で使えるようなシステムになっていますし、制限が設けられていて、一部で使用できない場合もあります。
個人カードの方は、個人向けに作られていますので、特に制限も無く、どのように利用するのもその人の自由という事です。
会員制やポイント制などのクレジットカードが主流な所も、個人と法人ではまったく変わりませんが、会費などの料金に多少差がある場合もあります。
 

契約方法に違いがある


個人で使うクレジットカードと、法人で使うクレジットカードでは、加入する際の契約方法にも若干違いがあるのですが、個人でクレジットカードの契約を行う場合には、登録する際に決まったIDの所有者に対して請求が行われる事と、登録先の住所も個人宅、契約者の自宅や、電話番号で登録するのに対して、法人の場合では、IDが個人所有者ではなく、企業での所有となりますので、IDとは別の契約した番号が渡されます。
また個人宅の住所や電話番号ではなく、会社の住所や電話番号での登録となります。
このような違いが法人と個人にはありますが、それ以外にもサービス内容にも違いがありますので、契約する時にしっかりと確認をしてから、申し込むようにしましょう。
 

事業主であれば法人カードを持てる


クレジットカードには、個人用と法人用がありますが、法人カードとは、基本的に財団法人の企業が持つカードというイメージがあると思いますが、実は個人事業主であっても、法人クレジットカードを持つ事ができるのです。
ですが、全ての種類の法人クレジットカードを持つことはできませんので、個人事業主でも持つことができる会社を探さなくてはいけませんし、個人事業主の場合には、あまり法人クレジットカードを持っていても、メリットはありません。
あくまで法人クレジットカードは、法人向けに作られていますので、個人向けのサービスは、左程充実してはいませんので、カードが必要な場合は、よく検討してから選ぶべきです。

 

 

 

PageTop