法人カードを選ぶ際の基準は?

 

法人カードとは何か

突然法人カードと言われても、ピンとこないという人が多いと思いますが、法人カードとは、その名の通りに企業法人向けのクレジットカードの事で、経費を生産する時などに使われたりする事が多く、出張する時に使う経費や、通勤のための交通費、必要な材料や器具などの購入費などが、何時どのようにして誰が使ったのかがわかりやすいようになっています。
法人カードを使う場合には、規模が大きく社員の数が多い企業の方が、使い勝手が良いのです。
 

法人カードの利点と欠点

どんな物にも利点と欠点がありますが、この法人カードも一長一短で、様々な利点と欠点があるのです。
主な利点としては、経費を計算する際に楽になりますので、経理担当者の業務が簡単になり、ミスも少なくなります。
また、カード会社によって多少変わりますが、色々なサービスが付いている事が多く、料金の一部が割り引かれたりする場合もあるのでお得です。
一方の欠点として挙げられる事は、カードの種類が少ないので、どれを利用すればいいのかを、ある程度絞られてしまう事と、分割払いがききませんので、資金に困った時であっても、一括払いを余儀なくされてしまう事です。
カード会社を選ぶ時には、このような事を十分に考慮に入れて考えるべきでしょう。

 

法人カード見比べてみる

法人のクレジットカードを扱っている会社は、まだ少ないとはいえ、どこを選べば良いのか迷ってしまう事もあるでしょう。
そこで、ある程度有名な法人クレジットカードを取り扱っている会社を見比べて選ぶと良いでしょう。
例えば有名な法人カード会社を5〜6社程のカード情報をインターネットで検索し、料金や会費、更には加入して得られる特典やサービスなどを見比べていきます。
当然カードに掛かる料金が安い方が良いのですが、サービスや特典の事を考えると、必ずしも料金が安い方が良いとは言えません。
自分の会社にとって、どういった特典が嬉しいのかを考慮して、見比べていくべきではないでしょうか。
 

 

 

 

 

 

 

 

PageTop