法人カードを使いこなす極意

 

メリットとデメリットをしっかりと把握する

法人カードは、使用者の用途によって全く変わってきますが、どんな法人カードであっても、必ずメリットとデメリットが存在しています。

その為、契約する前には、色々と情報を集めて比較する事が大切になってきますが、できる限りメリットを多くして、デメリットを少なくするのが基本です。

自分や、自分の会社がどのような時に法人カードを使用するのか、このようなサービスがあればとて嬉しいけれど、このようなサービスがあっても、殆ど意味が無いといった事もたくさんあるので、まずある程度加入するカード会社を絞っておき、実際にメリットとデメリットを書きだしてみると良いでしょう

法人カードには、年会費が掛かる場合や、ポイントの溜まり方が変わる場合もありますし、中には色々な施設を利用する時に、ポイントで割り引きのサービスが受けられる場合もありますが、滅多に行かないような施設の割り引きが付いていても意味が無いので、よく利用する施設の割り引きが付いている方を選んだ方が、たとえ年会費が高い場合や、ポイントの溜まり方が少ない場合でも、得をする事になります。

人気のある有名なカード会社が良いとは限らない

通常初めて法人カードを作りたいと思った時には、有名で大手の法人カード会社と契約をしようと考えるものですが、必ずしもそれが良いとは限りません

中には、あまり名前が知られていないようなカード会社も存在していますが、場合によっては、あまり有名なカード会社の方が、かなり得をするという事も考えられます。

インターネットなどでカード会社を色々と調べてみると、大抵有名で長い期間営業しているような大手のカード会社が目立っているでしょう。

しかし、有名なカード会社の場合は、審査基準が厳しい事や、融通があまり利かないといった事も多く、年会費が永久に無料と言っているにも関わらず、途中から規約が変更になったといって、年会費を請求される事もあります。

もちろんあまり有名でない小さなカード会社の場合でも、そのような事は無いとは言えませんが、少しでも多くの利用者を増やしたいのが小さめのカード会社なので、顧客大事に扱うように気を配っている会社が多い事でも知られています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PageTop