年会費無料の法人カードの選び方

年会費無料の法人カードの選び方

 

年会費が無料でも得ができる

法人カードの中には、年会費が無料になっている法人カードもいくつか存在しています。

無料になっている分、サービスや特典の数が少ない場合が多くなっていますが、自分があまり使わないようなサービスや特典では、いくらたくさん付いていたとしても殆ど無意味です。

しかし、少ししかサービスや特典が受けられないとしても、それらのサービスや特典を多く利用するのであれば、相当お得なサービスと言えるでしょう。

その為、サービスや特典の量を見るのではなく、自分が最も利用したいものだけを見るようにして、カード会社を絞り込んでいくと、年会費無料である方が、かなりお得になる事も十分にあり得ます

小規模で、あまり経費を使う事も無く、出張や旅行などもしないのであれば、これらの特典が付いていても無駄になりますし、買い物でしかポイントが付いてこないカードであっても、年がら年中買い物を楽しみたいと考えている人にとっては、かなりお得な特典なので、色々とカード会社の内容を比較してみて下さい。

年会費は永久無料を選ぶのが鉄則

年会費が無料である事を全面的に押し出して宣伝している法人カード会社が多くありますが、年会費無料という文字だけを見ていてはいけません。

年会費無料には、いくつかのパターンが隠されている事を知っていたでしょうか。

まず、初年度年会費が無料というパターンですが、4月から3月までを1年度としている場合には、必ず1年間契約となる訳では無く、6月に契約をすれば、初年度は9か月間の契約といったように、半端になる事が多いと思います。

このような半端分を無料にして、翌年から年会費を取ろうとするパターンです。

このような場合、解約をすると、解約手数料を取られる事が多くなっているので注意しましょう。

また、ある一定の条件を満たすと、年会費が無料となるパターンもあります。

同じ系列の銀行を使っている事が条件となる場合や、数十万円以上の買い物をした事が条件となる場合もありますが、条件はカード会社によって様々なので、よく確認してから契約するようにしましょう。

そして、最もお勧めなのが、年会費永久無料というパターンです

契約すれば無条件で年会費が無料となりますが、中には勝手に規約を変更する悪質な会社もあるので注意しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


PageTop