法人ガソリンカードの3つのメリット

法人ガソリンカードの3つのメリット

利用額に応じて割り引きが受けられる

法人ガソリンカードのメリットと言えば、ガソリンを入れる時に、利用額に応じた割り引きが受けられるサービスがある事です。

ガソリンには通常価格と会員価格という物が存在し、中にはプリペイドカードというカードを使用すると、いくらか割り引かれるというサービスを行っている事もありますが、法人ガソリンカードの場合は、更に割り引き金額が増えるという利点があります。

その多くは、最大割り引き金額が決まっている事が多いですが、その金額は、カード会社によって色々と異なります。

しかも法人ガソリンカードの場合は、ポイントに関係なく、利用するたびに割り引きが受けられる所にあります

ただし、使用できるガソリンスタンドが限られてしまう事もあるので注意しましょう。

色々なカードと組み合わせる事が可能

法人ガソリンカードの場合は、ガソリンカード専用として使用する事もできますが、その他のETCカードや、JBCカードといった色々な機能を追加できる事も利点と言えるでしょう。

余計なサービスを付けなくて良い場合にも役に立ちますし、色々と便利な機能を付けて、多種多様な使い方を指定場合にも役に立ちます。

カードの種類によっては、年会費を取られる場合と無料で大丈夫場合があります。

ETCなどの車に関するサービスは、多くの法人ガソリンカードを扱っている会社で実施されているので、利用を検討して見てはいかがでしょうか。

航空機やタクシーなどの乗り物にも対応

普段は車をつかっているが、時々タクシーや航空機なども利用するという場合もあるでしょう。

そんな時には、航空機やタクシーなどの乗り物に対応している法人ガソリンカードもあるので、海外出張が多い人や、駐車場が完備されていないような取引先に行く場合などにはとても便利です。

中には、海外旅行に行く時に、保険が付いてくるサービスを行っているカード会社もあるので、海外に行く事が多い人にとっては嬉しいサービスです。

 

 

>>おすすめガソリンカード<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PageTop